War SUCKS 反戦デモ行進

4月29日に行われた反戦デモにて、スケボーに乗って反戦を訴える少年たち

ブロードウェイは約30万人の参加者と見物人で埋め尽くされていた。(参考)

 

2年前の夏、米大統領選挙の時に行われたNO MORE BUSH! デモを思い出した。
今回のデモ行進は、イラクに駐留している米軍の早期撤退というのが名目らしく、
その他にもイランへの攻撃反対、とにかく戦争とブッシュ政権に対する批判が主立っていた。
前回に比べるとまだ和やかな雰囲気だったように思う。

花壇に上ってNo Bushの看板を掲げていたおじいちゃんの横で撮影していたら、
隣のジャーナリストともども私たちはNYPD警察に叱られる。
そんな揚げ足取りみたいなつまらん仕事をして何が楽しいのか….。

合法的に大量殺人ができる戦争….。
世界の一部の層だけが多大な恩恵を受けるために、大量の犠牲者が出る戦争。
人間の短い歴史のなかでそれはずっと繰り返されたてきた。

最前線にいる人達やその家族のことを思うと、無性に腹が立つ一方で、
人間が個々の感情を持つ限り、争いは絶えないのかなぁとも思う。

人が持つ心の闇の深さは計り知れない。
小さなプライドやつまらぬ欲が原因で、無意味で非生産的な争いを始めたりもする。
そんな気持ちが自分の中にもあるのかと思うと、子供ながらに人間であることが嫌になる時期もあった。

戦争のことを考える始めると、どうしてもネガティブな気分になってしまうけど、
それもまた人間である以上、考えるのを止めてはいけないような気がする。

Pale Blue Dot