Meet the real one

本物に出会いたければ、まず自分の心を耕し、肥料をくれて、良い種を蒔き、それを育ててみなくてはならない。心を耕すのは意思であり、肥料はこの世の出来事。そして良い種が理想である。自分の行いで忍耐を持ってそれを育てて、その結果は、全て良いものを育ててくれる生命エネルギーに任せて待つことだ。

こうして自分が本物になった時、外部にある本物が見え始める。すると本物の行動している人に出会える。本物を記した書物とも出会う。身体も植物も動物も、そして意識までが本物を教えてくれるのだ。