マダムのペット

ミッドタウンでたまに出没する超デーハーなマダム(ということにしておこう)。

何かのパレードや仮装パーティがあったわけでもなく、真っ赤なドレスに身を包み、頭に生きているインコだかオウムだかを乗せ、自分と同じように毛染めしたプードルをベビーカーに乗せてミッドタウンを闊歩する。まさに自己主張の街NYの代名詞は私よ!と言わんばかりの存在感。

この日も人目を楽しむかのように、セントラルパークへ向かってお散歩されていました。

その存在だけでも十分可笑しいのに、このオウムが大きい声で

「&^@%@$^@$^#^@ F×○k you!」と叫んだ!そこだけクリアに聞こえた。

周囲の人々もそれには爆笑だったわけで、立派なニューヨーカーに躾けられてるわね〜と感心していた。

何かとストレスも多い都会で、笑いをふりまく貴重な存在です。

 

 

呼んだ?!