Pale Blue Dot  カール・セーガン

この小さなPale Blue Dotと呼ばれる、宇宙の塵のように浮かぶ水色の点は、人類史上、一番遠くから見た地球の姿。

カール・セーガンの宇宙への愛に溢れた説教、何度見ても飽きないです。

最後のセリフが英語版だと
“To live in the hearts
we leave behind is to never die.”(Carl Sagan )

とあって、このYoutubeの訳だと、”想像力なくしては、私たちはどこへも行けない”と書いてあるが、サイエンス好きなアメリカ人に言わせると少し違うようで

“私たちはたとえ肉体的に死んだとしても、残された人々の心の中で生き続けるのだから、死ぬことはない。”

といったニュアンスになるそう。言葉って難しいね〜。

————————

古代ローマ帝国の勢力マップを見ながら、半端ないなぁと考えていた昨今。またそのサイエンス好きな彼女から連絡があり、もうすぐNASAの重大発表とやらが公表されるそう。それがローマ帝国どころじゃないスゴいヤツが襲ってくるかも!?!と鼻息を荒くしていた。

それは〜もしかしてもしかすると、U・F・O?!