地球の息づかい イエローストーン国立公園

この景色を初めて見つけた人は、どれだけ感動しただろう

イエローストーン国立公園は、1872年に世界初の国立公園として指定された後、1978年に世界で最初に登録された世界遺産のひとつ。主にワイオミング州の北西部を中心にモンタナ州、アイダホ州にまたがっており、ダイナミックな間欠泉や温泉、大草原、大渓谷、湖などバラエティ豊かな自然が楽しめます。野生動物もたくさん住んでおり、アメリカンバイソンやエルク、コヨーテ、キツネ、ブラックベア、ビーバー、ペリカン、ワシなどなどたくさんの動物と道路やトレイルで出会えます。でも、グリズリーはできれば遠くから出会いたいもの。

ただ私たちが行った時は、隣接するグランドティトンNPでも期待していたほどバッファローの群が見られなかった。

ところで、公園と呼ぶには広大すぎる敷地8,983平方キロメートルって、一体どれくらいか想像できますか?

数字に疎い私は、wikiの都道府県面積一覧を参考にしたところ、鹿児島県の9,187平方キロメートルが1番近いことが分かりました。県ですよ!県!そういうわけで、園内にはいくつかのガススタンドがあります。若干、割高なのは仕方ないですね…。

公園は5つの(マンモスカントリー、ルーズベルトカントリー、キャニオンカントリー、ガイザーカントリー、レイクカントリー)エリアに別れていて、園内をぐるっと回れる周遊道路が走っていて分かりやすいです。

南西部にあるガイザーカントリーというエリアには大きな見所が2つあり、その1つが、このグランド・プリズマティック・スプリング(Grand Prismatic Spring)。イエローストーンの代名詞でもある有名なスポットで、園内最大はもちろん、アメリカ最大かつ、世界で三番目に大きい熱水泉(いわゆる温泉)。

内側にあるブルーは空の色の反射、外側のグラデーションは好熱性バクテリアと鉱物によるもの。内側は70度と高熱なのでバクテリアは生息できないのだそう。直径が約113 mもあるので、ボードウォークからは近すぎて観察には良いのですが、やはり全体を見るなら丘に登るのがおすすめ。

丘に登るにはまず、Fairy falls trailのトレイルヘッドまで車で移動します。パーキングはあまり大きくないので、シーズン中はスポットを探すのに待つ可能性大。車を停めて歩き出すと、小さな青い泉がお出迎え。思わず触りたくなっちゃいますが、この手前の木を見てください・・・は白骨化してますよ。

  

本来ならこのトレイルはFairy fallsという滝に行くのが目的なのですが、トレイルに沿って歩くと左手に丘が出てくるので、人が歩いた形跡を辿って丘を登りましょう。大木が倒れてたりとなかなかワイルドな急坂を登ると、遠くにレインボーの泉が見えてきましたよー!
カメラマン魂のある人は、なんとしてでも手前の木々が無いところを探すのに必死です。笑

例によって古いiPhoneで撮ってるので、画質悪くてスンマセン・・・。

にしてもアメリカ三大国立公園は人が多い。ヨセミテほどじゃないですが、人気があるグランド・プリズマティック・スプリングでは、ちょうどバケーションシーズンに重なっていたこともあり、駐車するのに少し渋滞にあいました。

でも人気の国立公園の良いところは、整備が整っているので苦労してロングハイクしなくても綺麗な景色が見られること。笑

イエローストーンもほどんどの見所は、車→ボードウォークなので楽チン。車椅子の方にも完璧です。園内にある天然露天風呂 マンモス温泉(Mammoth Hot Springs, Yellowstone)も、パーキングから徒歩10分ですからね〜。さすが、北米最大の火山地帯だけあって温泉がいっぱいあるようで、是非、大噴火が起こる前に入ってみたいものです。

【参考】Top 14 Hot Springs & Pools In and Near Yellowstone

ではその他の温泉を見に行ってみましょー!

West Thumb Geyser Basinのアビス・プール(Abyss Pool)
まるで美術館のように、インスピレーション度が高いイエローストーン国立公園。配色や質感など見飽きることがありません。

イエローストーンレイクにある、フィッシング・コーンと呼ばれる噴出孔。ここから高温のお湯が噴き出していて、昔はここに釣った魚を入れて茹でていた。ここの煮魚が1番新鮮かもしれない…
その昔は黒いバクテリアが繁殖していたことでブラックプールと呼ばれている泉。でもある日突然に温泉が湧き、黒バクテリアが死んで現在の青色に。

こんなに美しい泉ですが、一部の温泉は酸が強いので間違っても温度を測ろうとして手を着けたりしないように。過去に謝って転落してしまい、たった1日で遺体が溶けてしまった事件や、他にも間欠泉に近づきすぎて、大火傷してお亡くなりになった人が数十名いらっしゃるようです。。合掌

あとは、ゴミを捨てる輩もいて、ヘアピンやコインや食べ物などが間欠泉に詰まって出てこなくなったとか。最近では、グランド・プリズマティック・スプリングにドローンが落ちたとか。いろんな落し物があるようです。

そんなこんなで今日最後のメインイベントは、イエローストーンのシンボルになっている間欠泉、オールド・フェイスフル・ガイザー!

ほぼ一定の間隔で熱湯が吹きあげ、予想がしやすいことから、faithful(忠実)という名がついたのだそう。自然に対して「忠実」って命名するのが少し笑えますが、常にビジターセンターで噴出時間がチェックできるので確かに便利です。

最初はまだ小さい水蒸気がモクモク上がるのみ。

目の前には何列ものベンチの観客席が設けられており人気のほどが伺えます。私が行った時も、噴出時間が近くなるにつれお客さんでいっぱいになり、熱湯が吹き出すたびにキャーキャー言って花火客のように盛り上がってました。

約90分間隔で約4万リットルの熱湯が30~50mの高さまで噴出。この活動が100年以上続いているっていうんだからすごい!

この隣にはオールドフェイスフル・インと呼ばれる宿泊施設があり、1904年に建てられた世界最大のログハウスがあります。お土産屋さんやカフェが、古き良きアメリカ的で良い雰囲気です。私たちはキャンプなので(涙)泊まっていませんが、ここのトイレはどこの国立公園よりもステキでした。

つづきます

素敵な4K動画がYoutubeでアップされていました。地球の息遣いが感じられます。

 

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018