オシャレ女子の木 ボビー・ソックス・ツリー

イエローストーン国立公園内でよく見られるBobby Socks Treeは、40〜50年代アメリカのオシャレ女子の必至アイテムだったボビー・ソックスと呼ばれる、白いソックスを履いているように見えることから命名されたのだそう。そんな可愛らしいニックネームがついていますが、実はロッジポールパイン(Lodgepole pine:コントルタ松)という針葉樹がお亡くなりになった姿・・・。南無。

多くの植物にとっては、このイエローストーンカルデラ内の土壌が成長に適さず、死んだ木々が鉱物を含んだ水を吸収し、その水が蒸発した後、ミネラルが残って木の下部が白くなるというメカニズム。

そしてこのロッジポールパインは、この周辺のネイティブ・アメリカンの人たちにとっての重要アイテム「ティピ(Tipi)」の柱として使われていたことから、その名称が付けられました。

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018