カナディアンロッキーの宝石 Moraine Lake

バンフ国立公園には4つの美しい湖があり、モレーン湖はカナダの20ドル紙幣に使われるほど、ザ・カナダな名所。ここもペイト湖同様、氷河が解けて湖に流れ込んだ時の岩粉が、光に反射してターコイズブルーに見える。

初めて行った時は夕方で、パーキングは空いててよかったのですが、思ったほどの青ではなく山も影が多くて残念…。昼間なんかはとんでもない、満車だわ山道の路駐までいっぱいだったので諦め、予定を変更して、サルファー(硫黄)山のバンフ・アッパー温泉で久々のお風呂に浸かることにした。更衣室やシャワールームなどは公共プールといった感じだけど、お湯は100%天然ミネラルウォーターで、山脈が見えるプールのような露天風呂。水着のレンタルがあるので忘れても大丈夫です。でもクロールやバタフライはダメよ。

モレーン湖周辺でキャンプした後、再々度、夜明け前に湖へ向かった。それでも既に数台は停まっていましたが、余裕で入れました。

湖に隣接している瓦礫の山を登ると、信じられないほど蒼いモレーン湖と反射するテンピークス(10の峰)、そして針葉樹の森がパーフェクトな構図で見られます。

トリップアドバイザーには多くの人が、“カナディアンロッキーの宝石だ!”と評していました。

サファイアブルーの湖と映り込む峰が、素晴らしくパーフェクトな構図。まさに神様が作った箱庭のようでした。